ガラス上に美しく滑らかなキャビティを形成

キャビティガラス加工とは、ガラス表面の任意の深さに、底面まで貫通することなく掘り込みを施して、キャビティを形成する加工です。薬液でガラスを溶かして加工するため、キズのない滑らかな仕上りとなり、加工部を透明で美しく、光をゆがみなく透過させることができるため、OLEDのキャップガラスなどに採用されています。

ガラス上に美しく滑らかなキャビティを形成
ガラス上に美しく滑らかなキャビティを形成

特長

標準仕様

ガラス種 ソーダガラス、無アルカリガラスなど
加工サイズ ≦730 × 920mm
板厚 0.05〜2.0mmt
キャビティサイズ φ10μm
断面形状 テーパー形状

ケミカル加工のため、機械加工と比較して加工部にキズなく滑らかな仕上がり

ケミカル加工のため、機械加工と比較して加工部にキズなく滑らかな仕上がり

用途・適用分野・応用分野

具体例
  • ディスプレイ分野:OLED用のキャップガラス
  • 車載分野:センターインフォメーションのカバーガラスなど
  • 半導体分野:センサー用
  • 研究所用の部材