品質・環境・安全衛生管理

現在、品質管理に22名、環境管理に20名の内部監査員を有しており、ISO140012005年に、ISO90012007年に認証取得しています。今後も社内水準の向上、管理密度の向上に向けて、資格保有者の養成を計画的に進めています 。また拡大するグローバル規模での事業展開に対応するため、品質管理および環境管理の水準向上・維持に努め、お客様のご期待に応える管理水準の改善を重ねます。

品質基本方針

  1. お客様への報恩感謝に報いるために、品質・納期・新技術で、顧客満足ナンバーワンを目指す。
  2. お客様重視の経営を一層強固なものとするため、要求事項への適合を通じて品質マネジメントシステムの継続的改善による有効性の向上を図る。
  3. お客様の期待やニーズ、信頼に応えるため、新技術の構築および当社の課題・リスクと機会を反映させ、品質目標を設定し、継続的な品質改善活動を行う。
  4. 品質方針を全社員へ伝達し、理解と浸透を図ると共に、品質方針との整合性ある品質マネジメントシステムの運用を維持するため、定期的にその適切性をレビューする。

環境基本方針

  1. 環境基本方針環境保護への取り組みを経営の基本理念の一つとして位置づけ、影響評価結果および当期予算に基づき環境目標を設定し、環境マネジメントシステムの継続的な改善活動を全員参加で取り組む。
  2. 法的およびその他の同意した要求事項を順守する。また、環境保護および予防の観点から、自主基準の設定および従業員の知識・能力向上により管理レベルの向上を図る。
  3. 事業活動における地球環境への影響、リスクと機会を把握し、環境負荷の低減や環境保護に向けて、環境技術の構築、化学薬品の使用量削減等を行い、ライフサイクルを考慮した環境調和型の事業活動を推進する。
  4. 取引先等へも環境方針を周知し、理解と協力を求めていく。

当社は「安全と健康は経営の基盤である」を安全衛生管理の基本とし、 全ての職場で作業環境の改善ならびに事故削減に努めるとともに、社員の健康を維持・増進させるため、明るく働きがいのある職場づくりに取り組み続けます。

安全衛生基本方針

  1. 安全衛生基本方針社員が心身の健康を保つことができるよう、より快適で働きやすい職場環境を目指す。
  2. 安全を第一に考え、PDCAサイクルを継続的に実施し、常に安全な状態を維持できる企業文化の醸成に努める。
  3. “全員参加型の安全管理”を旗印とし、活発な安全衛生管理活動を推進し、労働災害を撲滅する。
  4. 管理監督者は現場の実態を把握し、安全衛生に必要な指導を繰り返し行うと共に、災害に結び付く要因の除去に取り組む。

CSR

社内教育

社内教育企業の社会的責任を果たすための活動として、社内規程を設け、委員会を通じてCSR活動水準のレベルアップを行なっています。

また定期的に全社員対象のCSR研修も行ない、社会的責任を全うするための全社意識の高揚を図っています。

地域貢献

近隣の神社や猪名川河川敷の清掃を行なっています。また、地元の運動会やお祭りの協賛やイベントのお手伝いを積極的に行なっています。

創建1200年の古社 利倉春日神社

創建1200年の古社 利倉春日神社

境内を地域住民の方と一緒に清掃

境内を地域住民の方と一緒に清掃

本社近くの猪名川河川敷清掃

本社近くの猪名川河川敷清掃

新豊島川で毎年開催される魚つかみ大会に協賛

新豊島川で毎年開催される魚つかみ大会に協賛

緑化活動

堺市共生の森への緑化植樹および草刈りのボランティア活動に毎年参加しています。

緑化活動
緑化活動